鍵穴に接着剤!いたずらされたらどうすればいい?

家事に入って家に入るために、キーホールに鍵を入れようとすると何かが詰まるのですが、それは何らかの理由で入りません。

児童嫌がらせや近隣住民の嫌がらせ、あるいは選ぶことができなかった…?

巻き込まれただけでさえ、さまざまな要因があります。

最近では、前記接着剤がキーホールに注がれるという損傷が増えつつあるようである。

そこで、今回は、接着剤がキーホールに入れられたケースの例と、キーホールに対処する方法を調べました。

キーホールに接着剤を入れた場合

別の物語の絡み合いからドアの前の家のドアに接着剤が注がれ、生きた音が騒がしいという事実のために接着剤がキーホールに注がれる場合があるようである。

どちらのケースもキーを何度も交換され、毎回傷ついています。

このような被害を被る場合は、自分で解決しようとせず、他の人に頼ってください。

あなた自身で解決できるケースはほとんどありません。

犯罪者はますます大きくなります。

対策①[警察に通報する]

あなたは突然キーホールに惑わされて急いでいるかもしれませんが、一度落ち着いてください。

幸いにもあなた自身が傷ついてはいけません。

落ち着きを取り戻す場合は、警察に電話し、「容器の損傷」の損傷報告をお知らせください。

これがちょうどいたずらでシングルショットであれば、犯人が捕らえられることはまずありませんが、いたずらではない可能性があります。

あなたに嫌悪感を覚えている人がいるかもしれません。

行動がエスカレートすると、自分自身の危険にさらされます。

そうしないために、まずあなたの安全のために警察に相談しましょう。あなたが警察に届けないでキーだけを変更した場合、再びキーホールに接着剤を注ぐことによって同じ損害を受けることがあります。

犠牲者の中には、キーを複数回変更したように見えるものもあります。

対処法②[鍵穴の状態を確認する]

次に、キーを突然抜き差しすることなく鍵穴の状態を確認しましょう。樹木の枝などの場合は、枝が出てきたらゆっくり抜くことで取り出せる可能性があります
鍵穴

はい。

持ち出し後は木片(木片)が残っている可能性が高いので、掃除機で吸い上げて入ったものを取り出しましょう。

接着剤がキーホールに注がれていて、完全に挿入されておらず、完全に固い場合は、ドライバーなどを使用して突然簡単に取り外すことができます

また、接着剤は熱に弱いため、乾燥機などで加温することで取り出すことができる場合がある。

彼ら自身に対処するには、鍵穴を傷つけ、完全に取り出すことができない場合が多い。

その後、再び重要な問題になる可能性があるので、プロの力を使ってみましょう。

対策③[ロッカーと相談する]

残念ながら状況が悪化した場合、鍵屋に依頼する際に作業手順の数を増やすと、さらに料金がかかります。

錠前屋に電話する前に、 “私はあなたをもっと早く呼び出すべきだった”と言いましょう。

あなたがロッカーであれば、比較的短時間で対処することができます。その結果、自分で頑張ったときよりも早く仕事が終了します。

キーホールの状況を見て修復するだけで大​​丈夫かもしれませんが、交換する必要があるかもしれません。

この場所では、現場に行って状況を判断した後、よく判断してロッカーと話し合い、対応しましょう。

キーホールに接着剤を入れると、シリンダーの細かい部分に接着剤が行き渡ることが多いため、交換する可能性が高いようです。

まとめ

接着剤をキーホールに注入するという問題は、近年増加傾向にある。

そこに犯されないように防犯性をさらに高めるために考慮しましょう。

例えば、入り口前のダミーはOKかもしれないので、防犯カメラを設置するなどの対策を講じるといたずらにするのは難しいでしょう。

過去にはセキュリティカメラについてのページがありますので、ぜひ参照してください。

「防犯カメラであなたの家を守ろう!防犯カメラを選ぶポイントと機能」

このような被害が発生した場合、警察に引き渡されても犯人が逮捕された場合はほとんどない。

できるだけ犯罪防止対策を行うことで自分を守ることが重要です。

関連記事

ページの先頭へ